シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

シミトリーモロモロカス

 

オールインワンジェルはメイク前に塗ると、モロモロとしたカスが出てくる事があります。

 

 

時短ケアの意味がなくなっちゃうね。朝は忙しいのに・・


 

でも安心してください。シミトリーはカスが出ませんよ!!!!

 

その証拠として、テカリには効果的だけど、カスが出やすいと評判(?)のセザンヌの下地で検証してみました。

 

シミトリーを塗って・・
シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

 

 

下地をなじませる!
シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

 

ご覧の通り、カスは一切出ていません。その後のリキッドファンデも問題なく塗ることが出来ました。

 

とはいえ、たまたまじゃないの?と思われる方もいるかと思うので、シミトリーがカスが出ない理由とともに、万が一の時の対策法もまとめてみました。

 

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

よりたくさんのシミトリーの検証情報や口コミはこちらをご参照ください

 

 

シミトリーはカスになるような成分が含まれていない

シミトリーの成分

 

オールインワンゲルのモロモロの原因は、成分にあります。シミトリーにはカスの原因となるような成分は、一切含まれておりません。

 

【有効成分】アルブチン
【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

モロモロカスの発生源は、下記成分になります。

 

  • カルボマー(カルボキシビニルポリマー)・・・液体をゲル化する作用がある
  • ヒアルロン酸・・・保湿効果があり、とろみを出す

 

 

ヒアルロン酸が入ってないと、保湿力が低そうだけど・・?


 

シミトリーは、10種の天然由来保湿水分がやさしく肌をうるおしてくれます。

 

 

つまり、ヒアルロン酸がなくても十分にうるおいを感じ取ることが出来る、東洋新薬の技術がおしみなく投入されたジェルということですね!

 

 

モロモロ対策として効果的な使い方

シミトリーはカスが出る成分が含まれてません。
とはいえ、自分が使っている化粧下地やファンデーションとの相性が気になる人もいるかと思います。そんなときは、下記対策を行ってみてください。

 

すぐに下地を塗らない

シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

 

シミトリーはラメラシンクロムという独自技術を採用しており、肌になじみやすい特徴があります。ですがすぐに下地を塗るのではなく、ハンドプレスをしてから下地を塗ってみてください。メイクのノリもさらによくなりますよ。

 

シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

 

 

手のひらで顔をつつむだけだから簡単だね♪


 

化粧下地を付けすぎない

シミトリーはオールインワン特有のモロモロ(カス)は出なかった!証拠を晒します※衝撃写メ付

 

実は、化粧下地の付けすぎもカスの原因になります。

 

 

オールインワンゲルが原因じゃないこともあるんだね


 

今一度、ご自身が愛用している化粧品の適正量をぜひ見直してみてください、意外と大丈夫だと思っていたことが、そうではなかったりします。

 

モロモロが怖くて朝は使いたくない・・・・という人こそ、ぜひ朝もシミトリーを使ってみてはいかがでしょうか。その『違い』を、我が身をもって体験できると思いますよ。

 

シミは朝晩のケアをしっかり行うだけでも遠ざけることは可能です。正しく使って、より肌をステップアップしちゃいましょう♪

 

よりたくさんのシミトリーの検証情報や口コミはこちらをご参照ください